このページは、過去(法案の国会審議中~政令省令が未制定だった期間)のaacpサイトのアーカイブです。
情報は当時のもので、現在の改定法・政令などを必ずしも反映していません。 現在のサイトに戻る
このページは、過去(法案の国会審議中~政令省令が未制定だった期間)のaacpサイトのアーカイブです。
情報は当時のもので、現在の改定法・政令などを必ずしも反映していません。

8. 日本人の住民票とは、
  どういう関係になるの?

個人単位で作られた「住民票/外国人住民票」は、国籍や在留資格などとは無関係に、「世帯」ごとにまとめられて日本人住民と外国人住民、および外国人住民相互の関係づけが行われます。これは現在の外国人登録原票が「個人単位」で編成されているためできなかったことです。
この制度整備は、「混合世帯」(日本国籍者と外国籍者で構成される世帯)や「外国籍世帯」を「日本人世帯」と区別する事務処理上の必要をなくすものです。日本の市町村では、行政サービスの多くは「世帯単位」で提供されているため、市町村による「外国人への行政サービス提供」を円滑化することが期待されています。
しかし他方で、前述した「法務大臣への通知」がどのような情報を含むかは法条文上明らかにされていないため、同一世帯の日本人住民の情報がいっしょに「通知」される可能性は払拭されていません。

◇このQ&Aの印刷用ファイル(PDF)が、右のリンクから
 ダウンロードできます。
◇Q&Aの内容は、現在検討が進められている日本政府の
 公開資料にもとづいて、随時改定追記しています。